楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

滝栄一郎という男

昨年末、滝栄一郎について振り返ってみました。しみじみしているうちにうっかり年を越してしまいましたが、改めてここに記しておきたいと思います。

赤レンガといえば。海兵なら生徒館、駅なら東京駅、法曹なら桜田門前の法務省。
そして海軍で「赤レンガ」といえば軍令部、海軍省、ひいてはそちらにお勤めの高級官僚型のエリート海軍軍人をさしますね。滝栄一郎も長いこと軍令部勤めを経験。しかもクラスヘッドで当然のごとく海大出、たぶん恩賜組で、留学先はイギリスかアメリカあたりと思われます。(注:独断と偏見と願望が少しだけ入ってますが、やっぱり英語圏なんじゃないかなあ)
とにかく文字通り海軍のエリートコースを驀進した、正真正銘の赤レンガ組といえましょう。いわゆるキャリア組には人としてマトモな奴がいない…という、ドラマや漫画のパターンを律義に踏襲し、初期の栄一郎さんは、それはそれはダークなかっこよさをまとった敵役としてご登場なさいました。現場、大迷惑。それが次第に、実は人が良くて律義で真っ直ぐで熱くて、切れ者なくせに詰めの甘い、おぼっちゃまな素顔をチラチラと見せるようになったのですから、さあ大変。なんだオイ、可愛いぞ滝!!という雄叫びを、おそらくは日本各地であげさしめたと思われます。ギャップ萌えを入り口に、次第にファンのある種の庇護欲のようなものまでかきたてた名参謀、滝栄一郎。(←おそらく本人は不本意) やがて海軍、そして日本を背負って立つ人物にまで急成長し、怒涛の戦後編では、ついに滝政権発足。首相官邸の主になったのでありました。
文武両道、才色兼備、不惜身命、ノーブレス・オブリージュ。選良が選良であった時代の選良。海兵も海大ももはや存在しないという意味で(ジパ版戦後にはあるんだろうが)、そのレア度は東大出の代議士どころじゃないのでした。はー。
…こういう人が、角松氏とどつき漫才をしたり、草加氏にからかわれて慌てたりしているんだから、巨匠おそるべしです。ファンの心を文字通り鷲掴みにした、栄一郎さんの濃くも可愛い男前ぶり、これはもはや伝説の域だと思うのです。そして滝に勝るとも劣らぬ引力のある人たちが、わんさか出てくるジパングは、振り返るに、まあ、いろんな意味で凄い漫画だったなあ…と、年の瀬にしみじみしたことでした。連載が終わって寂しい一年でしたが、改めて巨匠に御礼申し上げたい気持ちです。おもしろかった…!!


ところで現在玄関口に置いてあるジョーカー滝、大好きな参謀飾緒を描き忘れたのが痛恨事です…見るたびにガッカリしてますが、私の腕では今更直せないのだった。

スポンサーサイト

PageTop

かいじプチオンリー

栗菊と滝月と某戦隊とMEグル界のキラ星☆Eコウさんのサイトにお邪魔しましたらば、
2011年5月4日(水・祝)のSUPER COMIC CITY20(東京)にて、
かわぐちかいじ系プチオンリー開催
という情報が…!!

さっそく私も玄関にリンクを貼りました。そうしたら、
なんだか急に潮風が吹きこんできたような気がする!

PageTop

滝家の表札

なんとなく松本清張の昭和なドラマを見ていたら、立派なお家の立派な表札に、ドンと「滝」。
今にも「ガッ!」と扉を開けて滝栄一郎が出てきそうな気がして、なんだか頭の芯が、くらっとしました。ほとんど条件反射です。例の海軍コートを着ていたらいい…。

この頃ジパングを読み返したくて仕方ないんですが、40巻分はちょっと気合と時間が必要です。いきなり呉や江田島や上海やパラオやキスカに行きたくなっても困るし(…。) そのうえジパング熱は、じきに海軍熱と歴史小説熱、果ては資料熱・史跡散策熱と、あらゆる方向へ横すべりしていくので厄介です。あ、あと船舶熱とプラモ熱も。厄介な愛ほど、しつこく続く。
何が言いたいかって、やはり滝はいい男だなあと…表札ひとつに、つい、しみじみさせられたのでした。

PageTop

画集 KAI 発売!

画集が出ましたね!!

ページをめくっていると、緊張感が伝わってきて背筋が伸びるやら、
いろいろ思い出して涙腺がゆるむやら…
あっ、こんなところに未見の津田君が!(涙腺決壊)

連載期間、9年3カ月。
中途参加だったとはいえ、これもまた私の青春であった。
なんちゃって。いや割と本気です。
毎週の連載を楽しんだことはもちろんですが、悩み苦しみながらも常に真剣で
必死な人たちを追っていると、たいへんココロが励まされたものです。
特に栄一郎さんには、しばしば「逃げるな!」などと背中をどやして頂きました。
(いや別に私は平凡な民間人ですが)
改めて巨匠に御礼申し上げます。


さてDVDは楽しみにゆっくり見よう。
単行本も読み返したくなりました。
ああもう好きだ好きだ好きだ…
読んだらまた同じ所で泣くに違いない…。

PageTop

新連載その1

さて、巨匠の新連載です。
期待とか愛(はい?)といったものは、ともすれば憎しみに。という、一話目から濃ゆい展開に驚きました。最初からとばしていきますね巨匠!!一話目からすでに、男どうしの愛憎炸裂。今回のこれは、結果的にほとんど心中みたいなもんですね!
次週、井の頭公園の向こうから、「長髪に裾広がりのパンタロン、背中にはギター一本背負い」(←60年代の若者文化に対する思いこみ)…な滝顔の男が現れたらどうしよう。と、気が気じゃありません。俺の心の叫びを聞け。この弦のうなりを聞け…!
青梅さん似のドラマーさんだけ、おいてけぼりくってないといいなあと思います。
しかし…世界各地、思わぬところに時空の穴がある。大変です。

PageTop

春の新連載

今週からかわぐち先生の新連載が…?!! 楽しみですね!
今度はバンドということだそうで、いつだったか幕末をやりたいとおっしゃってた気がするので、それはちと意外でした。あと原作付きというところも。しかし、幕末だったらあぶないところだった。幕府サイドに滝なキャラが出てきたりしたら、惚れるところです。あぶないあぶない。滝似の梵天☆おにいさんにうっかりときめいている私は、たぶん相当に滝欠乏症です。しかし梵天さんほどスーツと携帯電話と書類用封筒と水鉄砲(バズーカレベル)の似合っている男はおるまい…なぜだ、あの髪形なのに。

PageTop

海の男たち

以前にトップページに置いてあったホタテ絵を、ジパング部屋に入れました。

立石氏は、講和後も軍に残って国防軍のフネに乗るのでしょうか。心機一転、商船に転職なんてのも想像できません。物騒すぎる。おそらくはびしびしと後進を鍛え、演習では他艦を沈めまくって、戦中とは別の意味で「鬼」と呼ばれるんじゃないかしら。堀田さんはそのまま退役か…と思いましたが、考えてみれば実に得がたい人なので、教鞭でもとらされてるかもしれません。結局二人ともフネを離れられなかったなあ、なんて、堀田さんちの縁側で酒でも飲みながら、ふと笑い合っていたらいいと思います。

PageTop

外伝:風の道

風の又三郎。
予想外の爽やかさ…と申しましょうか。
そうだった、草加少佐のふるさとはイーハトーヴでした。

しかし一時は宇宙外生命体にされるほど遠いところへ行ってしまった草加氏が、
初々しい顔で地球に戻って来てくれたのは、心底嬉しかったです。
サトちゃんに風の神様だと思われていた草加氏が語る真相は、置いていかれた我ら読者に向けて語っている言葉でもあるのかなと、勝手に想像したりしました。そうでした、未来を知ってしまったことを呪いもし、苦しみぬいた一人の人間だったのでした。

ところで滝は(毎回のことにつき以下略)

PageTop

外伝:政治家滝栄一郎の歩みと戦後政治(嘘です)

サイト様巡りをしていましたらば、すごい情報に出くわしました。
みなさまご存じ、外伝です。
こう早く読めるとは思いませんでした。バンザイ!
でもって外伝がこれからも何本も何本も何本も出ないかなと、
さっそく夢を見ております。
…分かってる。今だけ、せめて今だけ夢を見させてください…。

しかし本当に、知りたいことは山ほどあります。
単行本5冊分くらい外伝が続いたらいいのにと思います。
いつか、滝が出てくる話も読めたら嬉しいです。海兵時代や、講和に向けて駆け回った時代がいいなんて贅沢は言いませ…ん…ッ。このさい地味に、デニーと滝政調会長の選挙運動物語でもいい(「プロジェクトX」的に)。滝を。滝をどうか一目。

ところで、なんだかんだいって、政界入りした滝も、億万長者デニーも、大企業で暗躍しているらしい如月も、案外どこかでつながりを保っていたりしてと不毛地帯を見て思いました。だったらいいな。

PageTop

滝総理動静

新聞には、総理の毎日の動静を伝える欄がありますね。
観艦式の日なんかのを見ると、あーヘリで何分かかるんだなとか、割とすぐ帰るんだなとか、余計なことが分かって楽しいですが(前回たまたま見た)、この欄が目に入るなり笑みが浮かぶ日が来るとは思ってもみなかった。
いや、現総理の動きが云々なんてことでは毛頭ありません。
「滝総理の動静」を思い浮かべたからです…
滝総理の毎日の動きが刻刻と分かるわけです。なんというサービス。
滝が何時に出勤して、いつどこに行って誰に会ってご飯はいつどこで食べたか、なんてことが新聞で分かるとは、なんという。いやはや、なんという…!!(喜) ←…。

…そう考えると、総理動静ってのは、ものすごい企画だな。
と、生まれて初めてそう思いました。滝限定で。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。