楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お手洗い

佳人はトイレに行くのか?
お手洗い1

お手洗い2

すいません…。

スポンサーサイト

PageTop

リーペ王

youtubeでホビット制作舞台裏の様子を見ていると、なんだかキュン死しそうに…
うおお、どうしてくれよう!という思いで書きなぐった記憶スケッチを発掘。
(なけなしの記憶力と残念な画力なので正確ではありません)

メイキング20150607

PageTop

明日がある

皆様も私も日々お疲れさまです。
そういえば以前、こんなCMがありました。
明日がある700

PageTop

ベーオウルフ~文語ブロマンス

「終わらざりし物語」を読みたいのだけれど、あんなに大きなハードカバー本は持ち歩けない…というか、荷物を持ち吊革を握ったままあの本を読むのは無理がある。そんなわけで、かわりに、図書館で見つけた「ベーオウルフ」文庫本を通勤の友としていました。原本は古代英語で書かれた英雄叙事詩です。トールキン先生が現代語訳を手掛けられた「緑の騎士とサー・ガーヴェイン」が面白かったので(もちろんその日本語訳で…)、中世と言えば超有名なこれを一度は読んでみようと思い立ったのでした。トールキンファンの友達も読んでいたので、私はよくあるトールキン初心者の道をつつがなく歩んでいるようです。

さて。そんなことより。
その中の、(オタクにとっても)大変すばらしい一節をご紹介したいのでした。
ブロマンス的な意味でも、古典の言葉の力はおそろしかった。動揺するほど感動した。そして文語パネェです。しかし友はカタギ…この感動を分かつわけにはいかないので、ここで叫んでおきます。

かの君:スキュルディンガスの王様
この男:勇士ベーオウルフ
 王は、もはや二度と会うことはないだろうという予期をもって、心をこめて勇士をいだくわけです…うう、王よ。

「…かくて血統貴き王、スキュルディンガスを統べ給ふ君は武勇雙びなき武士に接吻(くちづけ)し、頸(うなじ)を巻きて緊(しか)と抱き給ひぬ、涙は髪白き君より落ちぬ。…(中略)…かの君に取りてこの男は斯(かく)までも懐かしくてありければ、かの君はその胸の高まりを押し止め給ふ能はざりき。否、彼の胸中には心の綱にしかと結へられて懐しき男に對する秘めたる憧れが血の中に燃えたりしなり。」
 厨川文夫訳 「ベーオウルフ」1941年 岩波書店、77頁(岩波文庫2714-2715)

PageTop

王と船頭の身長差

身長差

PageTop

王様の…

「王様 の涙」というワイン名に胸を突かれた休日。そうですよね王様は楽しい酒ばかりじゃありませんよね…。強くて美しいスランドゥイル王は、悲しくても人知れず心で泣くか。酒は涙か溜息か~(違う) 
そのくせ飲みやすいのが、なんとなく王様に申し訳ない。

あ、私は別に飲んべえじゃないです。(聞いてない)

PageTop

無題

2王の特技


無題としか…。
動画や写真でスランドゥイル王のお姿を見るたびに、美しさに感動してつい目頭が熱くなりがちだなんて、いったい誰が信じてくれるだろうか。
でもレゴラスのお父上だから、バランス感覚は抜群だと思います。そして優雅に歩む。

PageTop

グロールフィンデル氏

二回前の記事を訂正しました。そうだ、「エルフの心労」云々は、グロールフィンデル氏ではなく、ギルドール氏だった。
私はなぜ間違えたのだろう?…たぶん、シルマリルを読んだ後ずっと、ゴンドリンのグロールフィンデル氏はあの指輪物語のイムラドリス(裂け谷)のグロールフィンデル氏と関係があるのだろうかと悩んでいたからです。あれだ、例えばイチローの親族には他にも「一郎」がいるかもしれませんが(…。)、こっちは双方とも上のエルフだものなあ。同時期に同じノルドールに同じ名前の人物はいないのではないか。いたとしたら、片方が「グロールフィンデルJr.(ジュニア)」等になっているはずではないか(ひどい)。指輪にあった、憤怒のエルフの殿、という表現は、バルログと激しい戦いを繰り広げたゴンドリンの英傑に通ずるものがあるのではないか…などと、初心者なりにつらつら考えていたことでありました。トールキン界の定説はどうなっているのでしょう。それにしても、いや~、グロールフィンデル氏かっこいいなあ…!!なぜ映画では削られたのか。彼を演じられるほど存在感のあるいい男が見つからなかったから、に一票を投じたいと思います。
映画ホビットの森のエルフ役集めにも苦労があったと聞きますが、シルマリルを映像化するには世界中から絶世の長身美男子をかき集めねばなるまい…と思うと、やっぱり映画化は遠いのだろうなと思いました。

PageTop

シルマリル

シルマリル。壮大で悲壮。おもしろい!!
でもって今回も、いつもどおり割とどうでもいい着眼点に立った感想を長々と書き連ねていたのですが、操作を誤って、先程、 消 え ま し た 。 

……。(疲)
まあ、またぼちぼち、思い出した時にでも。
ともあれ、指輪物語に登場なさった上のエルフの殿・ギルドール氏の言葉、「エルフにはエルフの心労がある」という言葉の重さがやっとわかりました。裂け谷があまりにいいところだったので、あの頃の私は、エルフといえば世の汚濁や弱さ、堕落とは関わりなく超然として、平和に歌でもうたって暮らしてきたように思っていました…すいませんでした!!いろいろご苦労様です!←そんなレベルじゃない
そんな淡い幻から覚めて、さらなる深みに落ちました。好き…!(…。)

追記
訂正しました。グロールフィンデル氏ではなく、ギルドール氏だった。

PageTop

追補編と闇の森

何を読んでも、いつも心に闇の森。

さて追補編。
3紀 3019年2月 闇の森、樹下の合戦
指輪戦争の頃の闇の森については、もう私はこの簡潔な記述をそのまま引用しておくことしかできない気がする。
「北方でも戦いが行われ、災いが起こった。スランドゥイルの王国も敵の侵入を受け、樹下に長い合戦が行われ、火による破壊がひどかった。しかし最後にはスランドゥイル王が勝利をおさめた。」(追補編)
この短さ簡潔さに、かえってその様子をありありと突きつけられたような思いがして、つい動揺しました。あれだ、古い文学や歌に時々あるように、とても短い一言でもってその出来事を言い尽くしているみたいな。…いやその、こちらの勝手で過剰な思い入れのせいでもあるんでしょうが…。その後は、森の皆さんは落ち着いて暮らしておられたとのこと、4紀にあってはたいへん貴重なことです。王様も民も、王国を、そしてなにより森の暮らしを守り抜いたのでした。エルフの時代が黄昏をむかえても、どうかなるべく長く穏やかな生活が続きますように。
そもそもこの中つ国、何がどうしてこうなった、という疑問が尽きないのでシルマリルが楽しみです。

ところで、本編でロスロリアンのご夫妻が乗っていらした白鳥船。あのアンドゥインで、白鳥ボート…。印象が強すぎて、忘れられません。やはり奥様(ガラ様)のご趣味だったりするんでしょうか。今後、池や湖で白鳥ボートを見かけるたびにきっと思い出す。(すいません)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。