楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

太陽を曳く馬(3)

本日のヤマ:
怖ええええええ!!!!!! 久しぶりに、おっそろしいものを読みました。(第6章:<対象a>、もしくは自由へ)
精神の人体実験……330頁の末永の描写など、背筋が寒くなりました。
なんというホラー。刑事の合田さんが出張っておいて、この話がただ討論で終わるはずはなかったのでした。そりゃそうだ。しかし、サンガの皆さんの繰り出す言葉の洪水に疲れて油断していたので怖さ倍増です。しかもこういう怖さが来るとは…。やられた。そして、事件を追い、あれだけの言葉に耳を傾けた果てに、たどり着いたのはここか…という合田さんの徒労感のようなものが、読者にもどっしりのしかかってくる仕組みです。
そんなこんなで本庁に帰り、「いみふめい(意味不明)」の5文字の並び順は60通り、そして仮名50音を並べた場合、並び方の可能性は3億1千2百5十万通り…なんて電卓叩いて計算してる合田さん。あまりに心配で、助けて加納さん!…と思わず心で叫んだら、帰宅後自分で加納さんに電話したので、心底ほっとしました。電話の向こうであれ、いてくれてありがとう。いざという時に居てくれる男、加納祐介。電話口で泣かれたときの、加納さんの心情やいかに。そう思うと、距離感の効果に唸らずにはいられません。たった一行の記述が、かえって妄想を呼ぶ高村節炸裂…!!(そうなのか) ほんと、この関係を、世の一般読者は何と見ているのか。私にとって、最大のミステリーはこの点に尽きる。真面目なファンの方すみません。
そうして読み終わった今となっては、ちょっと呆然としつつ、合田さんと加納さんはもちろんですが、ひとり歩く彰之さんの今後のご多幸を願うばかりです。この人の人生は案外長そうです。こういう生き方もあるか。そんな風に思わせられる人物が多いのも、高村作品の魅力でありましょう。いや、決してまねできないけれども。

スポンサーサイト

PageTop

太陽を曳く馬(2)

本日のヤマ:
図書館から「太陽を曳く馬」下巻が回ってきました。
いつもながら、よりによって今か!というタイミングで回ってくるのが合田さんらしいところです(はい?) でも読む。睡眠削っても今読む。
疲労で居眠りしながら考え事する合田さんin打ち合わせ中の会議室。相変わらず眠りが安らかでない人です。
ところで、実にささいなことですが、合田さんお得意の、一人称ではなく二人称(「おまえ」)の独白に出くわすと、どこか痛ましい気持ちになります。なにも自分とまで対峙しなくても…というか、そこまで突き放さなくてもいいんじゃないか合田さん。「なぜおまえは…!」じゃなくて、「あー、なんで俺はこう…」の方が、生きやすいんじゃないかなあ。余計なお世話ですね、すいません。実はアナタのそんなとこ好きです。何かと自分の首を絞めてる感じがスキ。(…。) こういう生き方もあるだろう。でもあなたの愛で時々助けてあげてください加納さん…!

さて、読んだところから、ぶつ切りで合田萌え感想を叫ぶつもりでしたが、例の議論続きなので正直コメントしづらいのでした。東洋人なのに情けないんですが、これについていく素養と根気がない…。明円さんいわくの「理知のない時代」の世代です、すいません。ううん、インドって何かと遠いよな。テレビやなんかで見たオ@ムの教義って、何だかステージを順にクリアしていくゲームっぽかったよな。という浅すぎる感想しか(…。) 正直言って、横で一緒にそんな話を聞いてる部下の吉岡がだんだん気の毒になってきました。でも私用の電話はほどほどに>吉岡
ところで、上司を上司とも思わぬような部下(と合田さんは思っている)を持つことの多い合田さんですが、森といい吉岡といい、合田さんのことがけっこう好きなんだろうという気がして仕方ありません。合田さんが気づいてないだけで。森はもちろんですが吉岡も、合田さんをめんどくさい人だなあと思いつつ、時々きゅんとなってたらいい。新人類め、と思われているのも承知の上だとなおいい。ちょっと切なくていい。
すいません寝言です。どんな時も、心に萌えを。

そして久米弁護士からリークされた、いぢわる担当検事がフィギュアおたく(スケートじゃなくて人形の方)かもしれないという情報を、はたして合田さんが使うのかどうかも気になります。「…この話、何かに使えますよ。」(by久米)
って、これ、やっぱ弱みになるんですか…。そんな社会的地位とは縁のない民草ですが、おたく界の末席を占める者として、少々身の引き締まる思いがしたのでした。これだから一般人はおそろしい。

とりあえず半分まで読んだところで、ちょっと仕事してきます…

PageTop

海の男たち

以前にトップページに置いてあったホタテ絵を、ジパング部屋に入れました。

立石氏は、講和後も軍に残って国防軍のフネに乗るのでしょうか。心機一転、商船に転職なんてのも想像できません。物騒すぎる。おそらくはびしびしと後進を鍛え、演習では他艦を沈めまくって、戦中とは別の意味で「鬼」と呼ばれるんじゃないかしら。堀田さんはそのまま退役か…と思いましたが、考えてみれば実に得がたい人なので、教鞭でもとらされてるかもしれません。結局二人ともフネを離れられなかったなあ、なんて、堀田さんちの縁側で酒でも飲みながら、ふと笑い合っていたらいいと思います。

PageTop

太陽を曳く馬(1)

寒中お見舞い申し上げます。

今月のヤマ:
この連休は、楽しみにとっといた太陽を曳く馬(上)を読みました。
相変わらず、読んだ人にしか分からない、かつ本題からズレてる感想で、すみません。
さて、まずどこで驚いたかといえば、目次です。仰天した。
なぜかって、第一章 TOKYO POP――十ウン年の時を越え、こんな軽くてポップな(死語)タイトルを背負って合田さんが再登場するとは!という驚きです。なんて似合わない取り合わせなんだろう。過激なほどの似合わなさに、一瞬おかしな萌えを感じたほどです。どうしたんですか合田さん、まさか、あれ(「カワイイ、アナタ」)から、また何かあったんですかと一瞬勘ぐったりしてすみません。しかし頁をめくれば、相変わらずの合田さん。章題の理由も分かって、ようやく座る尻が落ち着いたのでした。
義兄と疎遠になっていたのは少々さびしいところですが、しかし、そうしなければ合田シリーズは再開されなかったかもしれないという気もします。義兄義弟の関係がLJ以上に濃厚な小説が、一般週刊誌で連載はされまい(…。) 仕方ない、まあそのへんは読者側の妄想力でと思っていたのですが、読み進めて分かった、オノレの浅はかさです。そんなもんじゃなかった。ときたま手紙や電話で現れる義兄の、なんという存在感…!切れそで切れないこの絆(加納さんが切れるに任せるわけがない)、距離があるからこそのこの切なさ、もどかしさの威力は抜群です。やはり高村作品であった。何より手紙ならではの味わいがあります。手紙万歳、郵政省ありがとう…!(←筋違い)
…もちろんそれが主眼の話ではないんですが、所詮ここはそういうサイトということでひとつ。絵画論と宗教論が展開されるということで、とくに抽象画がサッパリ分かんない私なぞは、ちょっとばかり覚悟してかかったのですが、とりあえず上巻は面白く一気に読める作りになっておりました。でも国語辞典を引きました(…。)
永劫寺のサンガの濃ゆい面々、彼らが展開する衒学的かつ実にぶっちゃけた持論に合田さんがどう反応するのか、悩める合田さんのファンとしては興味深いやら心配やらで、国語辞典を引き引き、ちょっとどきどきしながら追っていたのですが、さすがといいますか、考え悩む青年時代を送った合田さんの足腰は強かった。内心の冷静なツッコミが素敵です。

さて、下巻は図書館であと8人の予約待ちです。
8人か…!

PageTop

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年がよい年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

この三日は極力外出せずに、家で過ごしました。
今日は、このために買い込んだお徳用塩豆を片手に、箱根駅伝をテレビ観戦しました。
そのあとでバーゲンにでも行ってみるかと思っていたのですが、
うっかり駅伝青年たちの爽やかさにあてられて、物欲が霧散。しまった。

ともあれ、これでお正月は終わった…いよいよ新年も本格始動ですね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


ところで、台所に、プチトマトのようなものが紙コップに収穫して置いてありました。
美味しそうなんですが、色はオレンジや黄色で、なんだか固め、どうも普通のプチトマトではないような感じです。いくら自家栽培でも、この不格好さはないだろう。いや、そもそも、プチトマトの鉢なんて家にあったっけ。
ぱっくり口に入れる前に、一応収穫主らしい父に聞いてみた。

父 「それはハバネロだ」

…そんな物騒なものをさりげなく置いとかないでください。
あやうく新年早々、地獄を見るところでした。

(ハバネロ:世界一とされる辛さと、その激烈な刺激性をもって知られるトウガラシ)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。