楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お別れ上映会

世間では冬のお祭りのようですが、私はこの期に及んで風邪をひきました。
しかし、それでも行きたいものがある。這ってでも行きたい所がある…!!
そこで周りのご迷惑にならぬよう、しっかり薬とマスクの重装備で行ってきました、
いとしの池部良さんのお別れ上映会。

池部良さんお別れ上映会は、池袋の新文芸坐にて22~31日まで。
http://www.shin-bungeiza.com/index.html
本日の上映は「トイレット部長」(1961)、「現代人」(1952)。
国鉄のお手洗い設計に情熱を燃やす、素敵すぎる営繕課課長(部長ではない)、
そして冷たいようでいて愛に生きて破滅する、美しすぎる収賄官僚青年(なにそれ)
の二本立てでした。

ロビーに献花台がありまして、池部さんの大きな写真がかけてありました。
ああ…好きな人が亡くなってしまったなあ…という感慨が少しわいてきて、
なんだか急にさびしくなったのでした。うわーん、良ちゃん好きだー!!

そんなわけで、せめてあと一日くらいは行きたい…!
と、身のうちに湧き上がる情熱を感じて帰途についたのでした。
つらくない…ちっともつらくなんかないんだから…ッ。気合で治す。愛してる。
31日の二本立てでは巡査と刑事(警部)です。



蛇足
ちなみにここは、「マークスの山」で加納さんが居眠りしてた映画館跡地らしいです。
その後建て替わって、現在は、2000年に新しく開館した新文芸坐が3Fに入っております。
外観はともかく、中は落ち着いたきれいな映画館です。ここなら寝てても大丈夫そうだ。
風俗街にあることには変わりありませんが、線路沿いに行けば、そんな雰囲気もなく、
加納さんや女性が歩いても浮かないんじゃないかしら(だからなんだ)

スポンサーサイト

PageTop

ふとん読書

ふとん読書

ふとん読書中の合田さん。
サイドテーブルにウィスキーグラスを置いてあるかもしれません。
足元に湯たんぽが入ってたら完璧です。
体を冷やすなと、日頃から加納さんに言われてたらいい。

寝る前の、こういうササヤカな幸せを大事にできる人じゃないのがまた…。
寒々しい姿の方が似合っちゃうんだものなあ(泣)

PageTop

メリークリスマス

賀状欠礼

マークスより。
いつも加納さんでふざけてすみません…私は加納さん大好きです。ホントです。
さて、本当に全く年賀状を書いていないというわけではないと思うので、ここは敢えて合田さんには出さなかったんじゃないかな…とふんでおります。虚礼ではないとは言いつつも、社会人としては半ば義務のように出すことも多い年賀状。いつでも書ける雄一郎への信書を、そんな中にまぎれて書くのは、どうも嫌だった。
…というのだったらいいな。なんてね。


メリークリスマス。そしてもうすぐ新年。皆様よき時をお過ごしください。

PageTop

あみだくじ

新冷血、今週の着目点:
あみだくじを作る合田さん。

合田さんお手製のあみだくじです。あみだくじで、取り調べ室を覗く順番決め。
紙片に線を引いて番号を振っている姿を思い浮かべると、なんともいえない笑顔になってしまいそうです。
ジャンケンとあみだくじが日常的に使われている職場なのだなあ…うっかり和みそうになりましたが、なんだかんだ言ってこれが一番手っ取り早いよね!(笑)
そして記者会見の原稿作りと、質疑応答の想定問答作りも押しつけられた合田さん。微妙な調整や作文系は合田担当!ということになりつつある感じです。さて記者会見、一番分かってるやつが説明しろ、という風には当然ならないのが世の中の順序というものですが、合田さんが出ればブルーレイで高画質録画するのにな…。そんなことを考えた火曜日の書店店頭でした。

あ。そうだ…。
毎回いろいろ思わせる小説ですが、所詮ここはおちゃらけサイト。
義兄弟関係と、その他はなるべく深刻でないことをピックアップして感想を述べております。感想が不真面目だと怒らない人だけご覧くださいますようお願いします。ね。
実に今更ではありますが、合田さんのあみだくじー!なんて書いていたら、ちと不安になってきた。



PageTop

加納さん再び

今週の新冷血。
戸田が呆気なく捕まりましたが、ある意味それより意外な事件が起きました:
合田さんが、加納さんにメールを送った…!!
そして当然ながら加納さんより返信あり。早い返信です。たぶん。手が空いたら返事をくれという合田メールでしたが、手や時間は空くものじゃなくて、空けるものだ!という加納さんの強い意志というか意欲を、行間から勝手に感じました。(←君は俺の事をなんだと…)

しかし今回のこのやりとり、合田さんが送った問い合わせメールの文面からして素敵です。
「神戸市@@町はどんな町?」
メールで「どんな町?」って…なんてかわいい聞き方をするんだ合田さんあなたって人は…。「説教って何」を思い出させるかわいさです。こんなかわいい文句の頼みごとが、他ならぬ雄一郎から来たわけです。そりゃ加納さんも調べるだろう!忙しいとかそんなことはこの際関係ないだろう!たまたま「明石出身の事務官」を知っていたというのではなく、急いで探し出した可能性が高いような気がします。ご苦労様です。でもよかった、よかったね加納さん…そんな思いで、こんな事件だというのについほのぼのしたのでした。そんな加納さんの返信、あいかわらず簡潔だとの合田談ですが、むしろ合田さんのお願いメールの方が簡潔すぎるんじゃなかろうかというつっこみを最後にしておきたいと思います。電報並みです。
でも、それがいい。

PageTop

かいじプチオンリー

栗菊と滝月と某戦隊とMEグル界のキラ星☆Eコウさんのサイトにお邪魔しましたらば、
2011年5月4日(水・祝)のSUPER COMIC CITY20(東京)にて、
かわぐちかいじ系プチオンリー開催
という情報が…!!

さっそく私も玄関にリンクを貼りました。そうしたら、
なんだか急に潮風が吹きこんできたような気がする!

PageTop

酷暑の主任と森

暑い主任と森

寒い季節には、お暑いものを。照柿あたりの主任と森。
炎天下を辛抱強く歩き続けます。
暑い。気が狂いそうだ…。


…だめだ、やっぱり寒い。今夜は湯たんぽを入れようと思います。

PageTop

合田さんのそういう生活

ただいま連載中の新冷血、今のところまだ自己嫌悪や後悔でぐるぐる悩んだりする場面がありませんで、読んでいるこっちはちょっと安心です。労を惜しまず忍耐強く仕事をこなしてゆく合田さん素敵!いや…楽しみの少ない人なので、どうせろくな気分転換もしていないのだろうと思うと、その点は痛ましいといえば痛ましいのですが、そういう痛ましさが何とも似合ってしまう人です。って、失礼なこと言ってすみません合田さん。世間の社会人は、たいてい皆そんなものです。ですよね。(聞くな)
そんな合田さんも、帰宅できた夜は自室でひとりウィスキーを啜りながら、流れてしまった小旅行や加納さんの事を考えることもあるのかもしれません(萌)。ああそうだ、約束の手紙は書いたのでしょうか。仕事上のツキアイ以外の人付き合いが少ない合田さんですが、考えてみれば実際に天涯孤独の身というわけでもなく、親族との付き合いも友達との繋がりも、怠って切らしてしまったようなので、気の毒というのも当たらない気がします。孤独なつもりでも、刺されれば森君ははるばる島からお見舞いに来てくれた。なにより、友人兼、元親族(笑)の加納さんがいる…と思うと、人は少なくてもあんがい豊かなんではないか。あまり頻繁に会っていない方が深まる心だってあるんじゃないかしら。
それに、うーん…合田さんは、相手があまり近すぎると息苦しさを感じてしまうんじゃないかなーという気も…ちょっとするのでした。少なくとも若いうちは。男どうしだしな(←身もフタも)
もちろん、これは観察というより妄想ですが、そういう満たされないすれ違い大好物です。
盛り上がった後の下り坂に、人生劇場の醍醐味を感ずるのであります。
そんなわけで、加納さんの登場率がたいへんに低かった「太陽~」も、疎遠になってしまった中で少しづつ関係を築き直している様子が伺える(ような気がする)あたり、私としてはけっこうな義兄弟小説に思えたのでした。

すみません寝言です。

PageTop

もふもふの誘惑

先週、新宿西口に、もふもふのゴマフアザラシがいました。
(北海道物産展をやっていた)

剝製で、触るの禁止!という札が出ているんですが、男性サラリーマンが何人か、
ふらふらと吸い寄せられて、背中をなでていきました…。
気持ちは分かる。

加納さんは新宿なぞを通る用はなさそうですが、ましてやアザラシを撫でることもないでしょうが、なんとなく可愛いものは好きなんじゃないかな。と思いました。
合田さんかわいいしね!(……。)


taka7.jpg

PageTop

係長萌え

taka6-1.jpg

へんな落書きしてすいません…
ところで今週のサン毎日は、アッ…・というまに無くなっていて読み損ねました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。