楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新冷血と食べ物

発売日が、この頃サンデーでもチュースデーでもなくなってるサンデー毎日ですが、たまに図書館に頼りながらもなんとか追っております。現在、戸田・井上の引き当たり捜査で、今週も現場で犯行再現中。頻出語は、「スイカ割り」です…(いやだなあ…)
あ、いや、スイカが嫌いだとかいうわけじゃなくて、むしろ果物のスイカは好きですが、そういうことじゃなくて…ッ!(…。)

そんな、萌えからはほど遠い展開なので、いつまでも合田さんと肉まんの事を考え続けています。あの合田さんが、ふかふかの丸い肉まんを手に持って、もしゃもしゃ食べてる光景なんて、想像するだにかわいい。確か昨年のプチオンリー開催記念アンソロジーのお題が食事でしたが、食べ物に関わるエピソードはいいですね!こういう基本的な、生きる営みに心ひかれます。あ、そうだ、お母さんの躾けで、合田さんは箸使いも端正なのではないか。加納さんは言うに及ばず。この人は刺身こんにゃくでも難なく美しくつかめそうです。いや、案外不器用でもいいけども☆
ところで、『黄金~』の幸田さんの「寿司と牛乳」という組み合わせに、私は学校給食の影を見ました。なんであろうが牛乳が付いてくるという…

スポンサーサイト

PageTop

風呂場でスニーカー

風呂でスニーカーを洗う

風呂場で、パンツいっちょでスニーカーを洗った合田さん。

ずいぶん前に描いたものに、色を塗ってみました。
パンツの色に悩んでお蔵入りにしていたということを、ここに告白します。(…。)
とりあえず今回はスレートブルーで。

PageTop

そんな日々

へっくし!!(×3回)
…いや違う。
違う、これは花粉症ではない。風邪なんだ風邪!!(元気です)
そんな欺瞞を繰り返すうちに過ぎてゆく春ですが、花粉豊作な今年は、果たしてこれで乗り切れるだろうか…己をごまかす力が試されます。今のところ、この作戦が功を奏しております。誠実って何だろう(凹)

家で使っていたメガネのフレームが痛んだので、修理に出しました。
かわりのメガネを貸し出してもらってるんですが、これが何と言うか、近年流行りの(?)目の幅メガネでした。小さい。グラスが小さい!目の幅ギリギリ。ちょっとずれると、目がはみ出して視界が切れるんですけどサリバン先生!
それで結局、家でもコンタクトの生活を送っているんですが、外出時用なのでよく見えすぎて、ちょっといたたまれない感じです。床は掃除機だけじゃだめなんだな…。
掃除といえば、先週の揺れで棚から雪崩た本をテキトーに詰め直したら、再読するつもりだったマークス文庫(下)が見つからなくなりました。しかし、買い直したとたんに見つかる確率は、おそらく80%以上…(経験則)。

ドラマ「外交官 黒田康作」を見ました。主人公の黒田さんがかっこいいのは当然ですが、やはり捜査1課の皆さんも気になります。最後に、張り込み中におでんを分け合いながら「(ちくわぶは、)こっちに入ってる」とかかわいすぎる…。ちなみに「相棒」では伊丹刑事が大好きなんですが、彼らに共通するキーワードは、「捜査1課」「長身の男」「仕事熱心」 …あれ?もう一人いたな、こういう人。(現在:特4)。

PageTop

タイムカプセル

固唾を呑みつつ、とりあえず平常運転で。

部屋の片付けをしていたら、海自の缶詰が出てきました。
缶のデザインがカッコよかったので、大事にしまいこみすぎて忘れてた…。
しまいすぎて、賞味期限が4年前に切れていましたが、まあ保存用のパンだから大丈夫だよね、というわけで本日のおやつになりました。あずきパンの缶詰です。もったいなくて何年もしまい続けた缶詰なので、なんだかすごいご馳走感です。ラベルは青地におフネのイラスト。イージス艦かな。これを買った横須賀のサマーフェスタ、あの日は暑かったなあ…皆で行けて楽しかったなあ…ついでに若かったなあ…(…。) よみがえる思い出は走馬灯。まさに食べ物のタイムカプセルです。
しかし賞味期限をここまで大胆に無視する以上、食うか食わぬかの最終判断と、その結果に対する全責任は自分で負わねばなるまい。(というか、万一何かあっても恥ずかしくて医者に行けない事例)
わくわく半分、恐る恐る半分で、缶を開けてみる。

…何も問題なし。美味しかったです。非常に美味しかった。
またフネ見たいなあ。横須賀カレー食べたいなあ。しばし遠い目で思い出に浸る。 
タイムカプセルなど作ったことも開けたこともないので、ちょっとしたイベントでした。(度胸試しとも言う…)
よい子はまねしないでね! 
(あっ、ひかないで下さい…)(でも期限切れの乾パンは食べるよね)

PageTop

地震

東京ですが、昨日はたまたま休みだったので、帰宅困難者になることは免れました。
自宅も、食器棚の中身が半壊したくらいで済みました。吹っ飛んだPCはクッションの上に落ちてくれた。
そんなわけで、まずは震度ばかりが気になってニュースを見ていたら…なんという。津波の恐ろしさに今更ながら愕然としました。
全貌はまだまだ見えないながらも(現在、日付が変わったばかり)、余震は続くし、東北地方に関しては大変な映像や情報ばかりで、心配は増すばかりです。そういえばうちの区も、東京直下型が起きたらレッドゾーンど真ん中になるんだった…。近年は、どこかで地震が起きるたびに、次は自分の番なのだという気がしてしまいます。それだけに、被災地の状況には胸が痛んで仕方ない…そして、恐い。ささやかでも、何か出来ることをせねばなりませんよね。せめて募金しよう…。
とにもかくにも、一人でも多くの方のご無事と、避難中の方々のご健康が保たれますようお祈りしております。

PageTop

新冷血と肉まん

新冷血、今週の注目語: 安ものの肉まん

毎日上がってくる捜査報告書が、積もり積もって広辞苑並みの厚さになりました。
しかし依然として動機の核心に迫りえたものはなく、「動機や犯意などの中心がないまま皮だけがぶ厚くなってゆく安ものの肉まん」のようだ、と評する合田さん。
安物の肉まん…。

分かる。その感じはよく分かる。
しかし合田さんなだけに、この連想に日頃の食生活が表れているような気がして、面白いながらもなんだか侘しさ醸し出す一節でした。たぶん、おやつじゃない…。



注)カッコ内の字句の正確さについては保証いたしかねます、すいません。乏しい記憶力頼み。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。