楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

合田補給

新冷血。
今週はちょっと図書館に走って、先週分とまとめて読んできました。
合田さん二週間分を補給(…。)ずいぶんな贅沢です。お粗末な記憶力ゆえ、先週と今週、何がどちらの内容だったのかだんだん曖昧になってきましたが、まあいいや。
・手紙よりほかに手だてがないとはいえ、合田さんは手紙のやりとりがよく似合う人だと思います…。や、以前に加納さんに出した、電報のような一行メールも、合田さんらしいといえばらしくて素敵ですが。
・戸田に面会し、珍しく語っている合田さん。映画の話とはいえ、相手がかつてした話を真剣に受け止めた、場当たり的な感じのない合田さんの語り口です。面会を受けた戸田も、どうせ何か聞くならこういう話を聞きたかったのかもしれません。なんだか余韻の残る回でした。これはもう、「パリ、テキサス」は見なければなるまい。
それにしても映画は、感性の問題はさておき、見る人それぞれが、それぞれの状況に即した見方をするものですね。合田さんは二十代の頃に「女房」と見たそうですが、「男と女ってめんどくさい」。…それはそうでしょうが、その後の夫妻の行く末を思わせる感想のようで、なんだか切ないんですけど合田さん。 
でも、男と男もけっこうめんどくさいよね!(シーッ!)
…そのめんどくささを乗り越えたと信じております。
・今週の〆:「どいつもこいつもバカかと」…読書でまぎらせているようですが、合田さん、山積みの不合理にキレる五分前の様相です。そのうち苦笑いも出なくなるぜ…そうなったら加納さんの出番だ!!と信じて疑いません。待ってる。


高村リンクページに手を入れました。
夢のやうに豪華に、そして便利に(私にとって)なりました。
リンクフリーに甘えております。意気地がないものでご挨拶に伺っていませんが、お慕いしておりますv

スポンサーサイト

PageTop

君の声が俺を

涼風涼風と念じていたせいか、このごろ、ひとり加納さん祭りでした。
新冷血のちょっと前の加納さん。

denwa1.jpg
denwa2.jpg
denwa3.jpg
denwa4.jpg

気になる空白期間は、旅行どころか、電話も久しぶりだったような気がします(哀)
延期になった旅行はぜひ実現してください…。

PageTop

刑事と検事

加納検事と合田刑事。(←ただし書きを付けないと不安だ…)
開襟シャツに引き続き、今度は義兄弟で昭和レトロを目指してみました。
昔の格好には、色っぽいものが多い気がしますよ…!
三つ揃えなども大好きです。みんなまた着ればいいのに。

又三郎あたりなら、パナマ帽に白の麻スーツなども着こなしてくれそうですな。

昭和の刑事と検事

PageTop

近況とかテレビとか

連日蒸し風呂のようだったのが、今日の涼しさでようやく生きた心地です。
ここのところ少々バタバタしてたんですが、ちょっと一息ついたので、録りためた番組を見たり(相棒スペシャル面白かった!)、落書きを再開してみたり(アップできないくらいボロボロです…)、ひっそりササヤカに人生を楽しんでおります。小さいな!
…友達さそって飲みに行くかな。そんな昨今です。今週はあそぶ…!

TIGER&BUNNY、16話を見たのでちょっと感想:
大金を生む、ショウアップされた逮捕劇というヒーロービジネスの裏事情の一端が見えてきたわけですが、今後さらに大変な膿が出て、ヒーローの存在自体が問い直される展開になりそうな予感です。おもしろくなってきた…!!2クール目の第1話(14話)は、面白いながらも、これからどこへゆくつもりなんだという感じでしたが、あれは嵐の前の静けさだったのか。苦悩ぶりが色っぽい虎徹さんの今後を、わくわく見守ってまいりたい(すいません) しかし、レジェンドの一件の方が、能力減退よりショックだったんじゃないでしょうか。子供のころからの心の支えであり目標だった人だもんね…。虎徹さんの眼前にちらつく引退の文字は衝撃ですが、トップアスリートなら、そろそろ第二の人生を考える時期です。できればシュテルンビルト市の警察あたりがそういう組織を作ってくれれば、市民のために活躍できて、安定もしていいんだけどなあ(←夢のない発想) ええと、機動隊の特命係的な何かを。どうでしょう司法局。あ、どのみち能力が消えてしまったら駄目か…。
――などとぼんやり考えるうちに、ふと気になったんですが、子供のころに親しんだというレジェンドの映像は白黒&ナレーションが昭和のアレだった。お子さんの年齢などから、だいたい30代半ば過ぎと踏んでいましたが、ま さ か 50代 以上 と か☆ (東洋の神秘)
…ないよね。ないよな。別にそれでもまったくかまいませんが。
ところでこのひと、おちゃらけて見せるので普段はつい見落とされがちですが、実は大変なハンサムかつオトコマエです。周りの人は、そのことにハタと気付いた瞬間、落ちるのかもしれません。
しかしなんでMXテレビなんだ(ローカル放送)

PageTop

開襟シャツ

昭和の刑事の夏服――開襟シャツ(白)。
初登場時はこの開襟シャツを着ていた合田さん。その後、時代の流れとともにポロシャツに転向したようですが、これはなんだか流行云々というより、「シャツはアイロンかけるの大変」ということのような気がしないでもない。
でもたまには開襟シャツもいいんじゃないか。鎖骨がのぞく襟元から風を入れたり、薄手の生地が汗に湿って身に付いたり、アンダーシャツが透けたり…と想像すると、ちょっと色っぽいと思いました。合田さん限定で。
(世間一般のおいさん方はその限りにあらず)(←ひどい)

開襟シャツ1
開襟シャツ2

PageTop

太陽のせい

今年も酷暑の季節が始まりましたね!

うだった週末には、財布を忘れてユカイなサザエさんをやらかしました。
太陽のせいさ…。
って、郷ひろみもムルソーも言ってた。仕方ない。仕方ないよね合田さん(@照柿)。


そういえば、ちょっと久しぶりに、池部良さん主演のDVD「伊57降伏せず」を見かえしました。もはや何度観たか知れないほどですが、特に夏場は、なぜか繰り返し見てしまいます。
蒸し風呂のような艦内でも涼しげなたたずまいの良ちゃん艦長と、艦長を好きすぎる乗員の皆さんを見ていると、なんだか背筋が伸びます。いつも最後は泣きそうになりますが…。(そして思わず正座して最期を見守る)
ところで見るたびに思うんですが、このどこまでも長い足はどういうことか。同じ日本人とは思えん…。そして四十台でこの若々しい色香は、ほんとこれぞ東洋の神秘だと思います。
でもね、九十歳台の良ちゃんも、スラリと若々しくてかっこよかったんですよ…!
本当に、不思議にかっこよかった。外見も身のこなしも、語り口も。
素敵だったなあ…(あ、ちょっと今、目頭が熱くなった)

PageTop

噂のふたり

この頃サン毎売り切れの憂き目多し。今週は読み損ねました。
夕方や翌日じゃあ、もう駄目なのかな…。

さて先週末、ちょっと一息ついた心の隙間に、とある誘惑が忍び込みました。
噂のタイガー&バニー、13話無料配信…!!
ちょ…ちょっと見てもいいよね、このところ我慢が多すぎて楽しみが少なかったからなあ、と自分に言い訳しいしい見始めたら止まらない☆面白かったです。またやってくれたなサンライズ!
まんまと虎徹さんのかっこかわいさにやられました。
鏑木虎徹:アラフォー、娘有り、ヒゲ面。
アニメの主人公としては画期的な設定なんだろうと思いますが、ジパングファンにとっては、そんなものは障壁でもなんでもない。デフォルトだ。(…。) むしろ、離れて暮らす娘にめっぽう弱いお父さんぶりが愛らしいです。
あ、どっちかというと私は兎虎かな…(聞いてません)

タイガーこと虎徹さん。勝手にネクタイゆるめてみました。
虎徹さん


バニーちゃん
バニーちゃん
(記憶スケッチ状態ですいません…たぶん色々間違いがあります)

ところで「虎徹」といえば、新撰組の近藤局長や、ルパン3世の五右衛門(…。)の佩刀としても大変名高い名刀ですが、なぜ文字変換できないんだ…。かつて青春を「燃えよ剣」につぎ込んだ身としては、些細なことですがけっこう切ない…。私のPCもまだまだ手入れが足りません。(でも龍驤とかは一発で出ます)(いつ使うの)(いやそれを言うなら虎徹も使わないだろうフツー)

PageTop

合田係長

梅雨明け前とはいえ、照柿の季節を予感させる気候になりましたね!
先日は、青梅線が入っている立川に立ち寄ったので、青梅線の車両を眺めつつ暑さに眩暈を感じてみる…というなんちゃって照柿の試みをしましたが、臙脂色の車両も今では銀色に変わってしまったので、視覚的な暑苦しさもイマイチです。JRの旧車両、分かりやすくて可愛くて好きだったんだけどなー。
もしも羽村方面に地どりに行くとしたら、残暑の季節がいい。そんな自分の首を絞めるようなことを考えてしまうほど、印象的な暑さの照柿です。あれはもう、暑さも風景の重要な要素だと思う…。


さて、今週の新冷血をやっとこさ読んできました。
相変わらずのんきなコメントをつけにくいシリアス展開ですが(当たり前だ)、今週の合田さんの、胸にくる一言:
上から何か言われたら、「私が楯になるから」。
…ついていきます係長…ッ!!
苦しいとは思いますが、この手の現場で、プロとしての信念を裏切ることなく真摯に仕事をさせてもらえるというのは、これ以上はないことような気がします。そうでなければやってられるか、という種類のお仕事ではありますが、実際には、苦い思いで作文する羽目になってる人もいるんじゃないかな…と思うと、合田さんの言葉が胸に沁みました。この人の言葉は、口先だけではないからです。きっと。

ところで「太陽~」及び現在の部下の皆さんは、穏やかで時々めんどくさい合田係長(笑)が、7係時代は「動物園」メンバーだったとか、「捜査1課の硬い石」だったこととか、人よりキレるのが一分だけ早かったこととかご存知なのだろうか。マークスだってたった十年前なんだから、噂くらいは耳にしているでしょうか。ちょっとまた読み返したくなりました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。