楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

漫画に登場するドイツ人

雑誌のドイツ特集を見ていたらこんなものが、と知人が見せてくれた頁は、
漫画に登場するドイツ人の特集でした。
確か7~8人ほどの人物が、企画者の独断で選ばれていたんですが、その中の半分以上は私も知る人物だったので挙げておきます。でもって意外な人もいた!

・カール・フォン・シュタイナー大佐(ジパング)
  まさかのジパング!まさかのシュタイナー大佐ァー―!!!!! 
  短い添え書きながら、津田大尉をヒトラー暗殺の巻き添えにすることを避けた事や、
  子供四人がいることも口にせぬまま亡くなった等々、行き届いた説明に涙しました。
  カットも素敵。記者の大佐への愛を(勝手に)感じました。もしや仲間か。
  大佐愛してる!!

・アルベルト・ハインリヒ(サイボーグ009)
  日本の漫画界に於いて、軽く40年は越える歴史をもつドイツ人、004こと
  ハインリヒ見参。秋には映画になるらしいし、楽しみです。
  http://www.ph9.jp/
  ところでこの映画版ハインリヒがリアルです。銀髪はともかく、いそうだよなァ、
  こういう人。服装も、なんだかたしかにドイツ人ぽい(偏見)
  素敵ですけど、マシンガンを撃つために腰を落として踏ん張った姿を見て、
  ゴールの守護神オリバー・カーンが日本のドイツ人像に与えた影響は
  思いのほか大きかったのか…とちょっと思った…(いやカーンはあれはあれで
  オトコマエですが)
  リアルといえば、新ゼロのヒルダさんは、学生時代にドイツ語を教わった先生に
  そっくりでした。切なくなった。

・カール・ハインツ・シュナイダー(キャプテン翼)
  懐かしい。飼い犬の名はアレクサンダー、ということが何故か記憶に残っております。

・ハインリッヒ・ルンゲ(モンスター)
  あーいたいた!刑事さんです。

あとは筋肉マン・のだめ・何か知らない漫画からのご登場でした。
ここに、ホンモノのドイツ連邦軍にも知られた男・クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐(エロイカより愛をこめて)がおられないのは残念ですが、まあ記者さんは男性なのであろう。とにかく、登場数の少ないシュタイナー大佐をチェックしておられたその眼力をたたえたいと思います。GJ!!

スポンサーサイト

PageTop

風呂

念願の週末、のんびり湯船につかりました。はァー…極楽。
なぜ今までシャワーで済ませられたのか、今となっては分からない。分からない…。
平たい顔族の私としたことが、なんたる不覚。

この頃こんなのばかりですいません。
やはり風呂はいい。

PageTop

日記的な2

ビルの隙間を縫う風にのって、どこからか流れてきた桜の花びらが、高く舞い上がって花吹雪になりました。その場を歩いていた人たちは、立ち止まって見上げたまま何秒か動けませんでした。
春だなあ。
大通りを歩いていたら、前方の脇道から急に花吹雪が吹き出してきて驚いたりと、街の思わぬところにも桜が植わっております。そういえば去年も驚いたなと、年に一度だけその存在を思いだす、その程度のお付き合いですが、ありがたいものです。
昨日は出先の桜の木の下でお昼を食べました。晩は、通りすがりの学校の、静まり返った桜並木の下で思わずぼんやりしました。今年はお花見に行きそこねましたが、そういう行く先々の桜が沁みるぜ…。

などとセンチメンタルになったその足で、遅まきながらテルマエ・ロマエの1巻を買いに行きました。行った、買った、読んだ。(←カエサル風に) 最高でした。
なんだかこの頃肩が凝って疲れがたまってたんですが、しばらくお風呂に入っていなかったからかもしれないということに気付きました。風呂文化に生きる者のサガ。
注)面倒でシャワーを使っていたということです、念のため。

PageTop

たまには日記的な

どうも苦手だったカモミール茶ですが、このたび風邪をひいたので久しぶりに挑んでみました。鎮静効果だの、鎮炎だの発汗解熱作用だのと色々あるらしいです。ポカリもほうじ茶もきらしてるし、このさい薬だと思って飲め。寝込んでる場合じゃないんだ!…と思いきったのですが、たいへん美味しくて驚きました。ポット一杯飲んだ。
あの香り、あの味が、かえって味わい深く、毎晩寝る前に飲みたいくらいです。まさかの好物宣言。いい大人になってからも、人は進歩するんだなー(そんなことでか…)
でもペパーミント茶はまだだめです。好き嫌いって、どういう切り替えスイッチなんだろう。

そしてどうでもいいが、手元のお茶はドイツTEEKANNE社のものですがポンパドール。ポンパドールといえば、やはり思い浮かぶのはポンパドール夫人です。文句があるならベルサイユへいらっしゃい!(それはポリニャック夫人です)
名前から受けるイメージと国がずれていると言えば、日本のチョコレート会社「モロゾフ」はロシアっぽい。なぜだろう。
 →検索してみました。お菓子のかげに歴史あり。ロシア革命後に亡命してきたモロゾフさん…。

そんなこんなで夜は更ける。
風邪なら早く寝ろ。

PageTop

Wハインリヒ

アルベルト・ハインリヒ氏、平成版と昭和版(新ゼロ)。
平ゼロ新ゼロ

ちょこちょこ観なおしております。
平・新それぞれの味わいで、一人で二度美味しいハインリヒ。
それにしても平ゼロのヨミ編には泣いた…

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。