楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

黄金週間はLJ文庫

黄金週間開始!

三日のSUPER COMIC CITYでは、かわぐちオンリーがあるのだそうですね。
かいじ本や高村本を買いに行こうかなと目論んでいたんですが、
キャンセルできない用事で吹っ飛んだ、だいぶ切ない連休です。

とりあえずLJ文庫を読んでおります。
中巻読みかけなので、まだ驚愕の改変(?)にはたどり着いていないのですが、
相変わらずの高濃度です。
男ばっかりでむさくるしいはずの捜査会議までが、どうも猛烈に色っぽい…なぜだ。
合田さんのせいか。なんですか、その視線のやり取り。その表現の淫靡さ。
これで加納さんまで本格登場したら、読みながらきりきり舞いさせられるんだろう。
――そんなわけで、有意義で、ある意味濃いい連休を送れそうです。

あ、そうそう、改変の地味なびっくりは、選曲がバッハのソナタでなくなったことです。
ちょっと難易度下がって、モーツァルトの何かの曲で、みんなでクリスマスのミニオケ。
なんだかほっとしたといいますか…単行本では、習い事レベルでバッハのソナタとパルティータ…なんだってこの人は、何でもいちいち凄いんだ…!と唸った人は多いんじゃないでしょうか。そんなものを弾きこなされた日には、半田でなくとも打ちのめされます。
そんな凄さ・隙のなさが、なんだかかえって痛ましいような気がしていたので、
今回、ちょっと安心したものだった。のでした。
いや、やっぱり凄いんですけどね、この人は。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。