楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新冷血(第20回)

ご注意)
常時、ネタバレ警報発令中。
その週の合田さんに関する、主に要点からずれた感想を叫んでおります。
サブタイトルは「今週の合田さん」もしくは「今週のヤマ」。


さて。
合田さん登場も二度目なら、落ち着いて読めるだろう。
そう思っていたのに、またもや冒頭で吹っ飛ばされました。

「雄一郎はリュックにもなる手提げカバンを背負って両手を空け、手帳の新しいページに…」

――合田さんが、カバンを背負っている。
それはまあ、確かに便利なので私だって使いますが……だがしかし。
背負いカバンの合田さん。あの合田さんが。長身にカバンを背負って。メモなんかとっている。
……。
……か、かっ、かわいいじゃないか―――ッ!!!!(転げ回り)
でもって、その背中のカバンの底には、イトーヨーカドーで買ったパンツや靴下なんかが仕舞ってあるんだぜ…!!!なんだろう、このかわいさ。高村センセイ、ありがとうございます…!と、西に向かって叫びたいほどでしたが、この個所にここまで心揺さぶられたのは私だけでしょうか。なんだか大変な目の保養をしたような気分です。加納さん、見ましたか?貴方はカバンを背負った雄一郎を見ましたか…ッ?!(←余計なお世話)
土井警部のセカンドバッグ(推定10万)との対比が鮮烈です。あのう、警部…セカンドバッグっすかー?!

と、ここまで書いたところでようやく屋内見分のくだりを読みました…(…。)
手抜かりがなく鋭いプロの刑事さんですが、安定しきったり慣れきったりしないことが多いらしい合田さん。そういうところが大好きで、かつ心配なのでした。次回は子供部屋の見分です…そりゃ見たくないですよね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。