楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新冷血(第22回)

世の中の中間管理職、ファイットオー!!
ちかごろ読んだ高村作品はマークス単行本版だったので、ちょっと感慨がわきました。そういえば指示の言葉づかいも格段に穏やかになっております。でも、どちらが地に近いのかと考えると、これはちょっと分からない。
でもってジャンケンに負ける合田さん、かわいー(←重症)
負けた瞬間は、一応、「あ。」なんて思ったりするんでしょうか。捜査方針と密接な、人員の割り振り担当です。素人考えで、土井さんの8係がメインで特4はあくまでも応援なのかなあと思っていたので、ちょっと嬉しくなりました。合田さん、活躍してくれ…!!
さて、その土井さんは、グッチのセカンドバッグをかかえ、ブランド品のローファーをサンダル履き(かかとを踏んで履いているのだろうか)、といういでたちの警部です。ファッションにはうといたちですが、そんな私にすら、マジですか警部…とつぶやかせてしまうイケイケ警部・土井。(古い) そんなバッグも肥後さんの鯖ジャケット(三十万)にはかないませんが、かつてオモテに登場しなかった種類の刑事さんでしょうか。二人でどう采配をふるうのか。今後の合田さんとの絡み、というか合田さんの観察がちょっと楽しみです。

…なんて言っている場合ではありませんでした。ご登場です!!
「元義兄」。
大阪の官舎におられました。涼風は大阪に吹いていた。
さぞや、休みに合田さんが旅行に来るのを楽しみにしていただろうに…!(哀) 
一緒に温泉にでも行く気満々だったんじゃなかろうかと推察いたします。
しかし、こうなったら加納さんの方が、帰省と称して遊びに来ればいいと思います。どうですか加納さん!お正月にでも是非!着替えでも取りに帰宅した合田さんを、当たり前のような顔をして「やあ、おかえり」と迎えてみたらどうだろう。ちゃっかりくつろぎながら。鍵はまだしっかり持ってますよね!
「この正月は一寸思うところあって」という一句も気になります。もしかして旅は、ちょっと「元義兄」の顔を見る口実なんじゃないか…なんて…まあ…違うんだろうな…。特に含みはない一言なのかな…せいぜい、少し私生活の充実をはかってみたとか気分転換とか…旅行も一人でするつもりだったんだろうな…(でも加納さんは可能な限りついてくると思う)(←「君は俺の事を一体なんだと…」@LJ)
――いろいろ失礼なことを言って、すみません加納さん(土下座)
しかしこの正月休みに、ぜひなんとかお顔を見せていただきたいです…せめて貴兄の声が聞きたい。

そして本日の合田さんの腹ごしらえは、握り飯2個と豆乳。…この組み合わせに一瞬目が泳いでしまいましたが、もし食後に豆乳という順序ならば、まあこれもアリか。いや、一緒に飲んでも案外合うのだろうか。今度、心に余裕がある時にでも試してみようと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。