楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新冷血(第26回)

「男の園」

…に吹っ飛ばされました。いや、合田さんという男性視点の言葉だと思えば、ヤケクソじみた表現に思えて笑えるんですが、一読した時はやっぱりちょっとドキッとした。
そしてキャベツです。部屋いっぱいにキャベツ。上司もキャベツ、ヒラもキャベツ、みんなキャベツ。キャベッツーキャベツー♪と、無意識に変な鼻歌がもれそうになりました。そうかキャベツときたか。そして、春キャベツが(←管理官)一言口を挟んできた、なんて言われると、これも合田さんの精神衛生上の防衛策であろうかと、面白うてやがてかなしき…という気分になるのでした。素直に笑えばいいんでしょうが、クスリと笑いながらも切なくて、なんだか微妙な余韻を感じるキャベツネタなのでありました。

そして私もまた、通勤電車に頭を並べている、世のキャベツの一つなのだ…。(リルケ風に)
なんて、余計なもの思いにふけった夕べです。秋ですね。
(そんな笑える感傷いらない)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。