楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

君の名前

今週の新冷血(第28回):
合田さんは黒板に13時帰庁と書き残し、「ぴゅうと姿をくらました。」
ぴゅう…なんだかかわいいなあ…!!
赤羽署まで「飛ぶように」歩いた、というくだりも好きでしたが、この「ぴゅう」も素敵です。加納さんの事を「涼風」がとかなんとか言っていますが、自分だって風のような人です。

ところで、私はここで合田さん合田さんと呼んでいますが、原作はもちろん「雄一郎」となっております。本来ならば(?)この感想も、「さて、今週の雄一郎は…」などと書くべきなのかもしれませんが、なんだか妙に照れくさいのは何故だろう…(…。)
まだまだ修行が足りません。
さて名前といえば、ささやかに気になっていることがあります。この二人はいつから名前で呼び合っているのでしょうか。中高生ならともかく、大学で知り合った友を名前で呼ぶのはあまりないことのような気がします。それもあんなに折り目正しい二人のこと、最初は「合田」「加納」だったに違いない。世代的にもそうだろう。ある時から意識的に「雄一郎」「祐介」に切り替えたと思われますが、おそらく口火を切ったのは加納さんでありましょう。では何と言ったのか。

1)正攻法で、まっすぐに、「これからは、雄一郎と呼んでもいいか」と口説く
…いや、おかしいだろう。
2)「雄一郎か、いい名前だ。俺も雄一郎と呼んでいいか」
…これも、(普通なら)おかしい。何の漫画だ。というか貴方は何者か。しかし加納さんは、これくらいの事はシレっと言ってのけるような気がしないでもありません。不自然を不自然と感じさせない男、それが加納祐介。(君は俺の事を何だと…)

うーん、「妹との混同を避けるため」とか、加納と呼ぶ合田さんに「祐介でいいよ」とニッコリ…とか、もう少し自然な状況がいくらでもありそうなものですが、なぜか私は上記の、あまりにもありえなさそうな二つが、加納さんに似合ってるような気がします…(←褒めています) 
さわやかに正攻法。加納さんであれば、これを自然に言いこなせるに違いない。
いや~、間合いを詰めるのに気をつかったりしたのだろうかと思う一方で、山に連れ出したり自分の気にいった本を読ませたり、赤羽のみならず八潮の合鍵までゲットしていた加納さんは、涼風のごときたたずまいで、しかし割と強引に押すこともできる人なんだろうという気もするのでした。合鍵も、さらっと自然に、当たり前のように「鍵をくれ」と言ったのでしょうか。あまりに普通の事のように言うので、つい普通に渡してしまったに一票。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。