楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

合田さんの名刺

やっと先週の新冷血(29)を読みました。
少女二人がなんとも痛ましい…

さて今回食いついたのは、名刺です。名刺。合田さんの名刺!!
何の変哲もないフツーの名刺なんでしょうけど、
清潔な白地に黒々と、「合田雄一郎」と印刷されている
というだけで、なんだかぐっとくる。(…。)
…なんだか自分の変態度が増しているような気がして仕方がないこの頃です。
なんという魔性の男。

加納祐介さんの名刺も、型通りの名刺だと思われますが、これも想像するだに端正。
いつだったか合田さんに、名刺一枚で政治家でも誰でも呼びつけられるあんたとは違う、というようなことを言われていたのが思い出されます。受け取る人によっては大変な重みをもつ、我ら市井の者にはなかなかお目にかかれないレア物、そんな名刺の持ち主が、涼風をまとった美貌の検事というところがまた素晴らしいインパクトです。合田さんも一枚くらいもらったのかなあ。でもって、加納さんも合田さんの名刺を持っているのかな。持っているとすれば、手帳か財布か何かに挟んで、常時携帯してたりするんだろうか。

ところで連載は、現時点で大晦日の16時。皆さん、お仕事ご苦労様です(敬礼)
で、裁判所がお休みの加納さんは今どこなんでしょうか。
八潮のお宅に勝手に上がり込んでいたらいいな…(夢)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。