楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

電話越しに

taka5.jpg

「少し泣いた。」 (「太陽を曳く馬」より、思い出し感想。)

泣かれた。
なんという。ほんと、なんという破壊力だったことか。たったこの一行で、それまで読み進めてきた「太陽~」上下巻が丸ごと義兄弟物語であったような錯覚に陥ったくらいです(…。)
たとえ声を出さずにそっと泣いても、加納さんは察したでありましょう。
とっさに手帳をめくりそうになったんじゃないかな…(でももう休めない)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。