楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

再読雑感

●「合田は無意識に捜査帽を目深に被り直して背を向けた。」
   (マークス文庫上、144頁) 
今まで読みとばしていて気付かなかった記述なんですが、制帽の合田さんとは新鮮です。
捜査帽とはどんな帽子なんだろう。野球帽タイプか。それとも、畳んでポケットに突っ込める布製の略帽か。
警察の制服事情はサッパリなので、勝手に後者で想像。
ニュースで流れる映像では、よくこういう海軍略帽にそっくりなのを被った人たちが捜索などをしてしてますね。

捜査帽



●いち早く被害者畠山の住所をつかんで、会議前に梅島に向かう主任と森。
やられたコノヤローとばかりに見送る7係の面々。
ヤジや捨て台詞の一つも飛ぶわけですが、
「お蘭!せいぜい主任としっぽりやって来やがれ!」 (同上 151頁)
…又さん、なんですかそれー(笑)
しっぽり

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。