楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新冷血と肉まん

新冷血、今週の注目語: 安ものの肉まん

毎日上がってくる捜査報告書が、積もり積もって広辞苑並みの厚さになりました。
しかし依然として動機の核心に迫りえたものはなく、「動機や犯意などの中心がないまま皮だけがぶ厚くなってゆく安ものの肉まん」のようだ、と評する合田さん。
安物の肉まん…。

分かる。その感じはよく分かる。
しかし合田さんなだけに、この連想に日頃の食生活が表れているような気がして、面白いながらもなんだか侘しさ醸し出す一節でした。たぶん、おやつじゃない…。



注)カッコ内の字句の正確さについては保証いたしかねます、すいません。乏しい記憶力頼み。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。