楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ためこまない

サン毎、出てたんですね!周回遅れで先週の新冷血、チェックポイントは饅頭です。
饅頭を押しつぶした時に、「饅頭から中身が溢れでるような感じで、言葉が溢れでてくる」感じの井上。饅頭。饅頭をね…押しつぶすと、こう、中から餡がね…。肉まんのたとえも素敵でしたが、この饅頭も、いやあな感じが素敵によく分かっていやだなあ…。合田さんのこういう表現が好きです。あ、饅頭は好きです(聞いてない) 


さて遠からず引越しをすることになったので、ぼつぼつ整理を始めました。
こういう場合、多くの人がそうだと思いますが、問題は紙系です。
まあ良い機会と思って、心を鬼にして厳しめの整理処分を心がけています。「要るもの」と「(泣く泣く)処分するもの」に容赦なく分け、…そして「読んでから処分するもの」という第三の山がどんどん高くなっていくという…(…。)
そんなことに時間と体力をもっていかれてるこの頃ですが、なんとか元気です。
しかし深夜に悩みながら選別していると、だんだん、本棚ごと捨ててやろうかという捨て鉢な気持ちに。あぶない!

うろ覚えでなんですが、文庫LJで非常に印象に残った記述が、加納さん宅に本棚がないということでした。本は片端から整理・処分。ためこむことをしない、まさに理想の生活ぶりです。うらやましい。愕然とするほど羨ましい。仕事関係の本はどうしてるんだろう。職場でしょうか。しかしモノが少ないといっても、他所に実家のある人は、そこに色々残してきていることも多いようです。水戸のご実家には、本以外にも、処分するに忍びない雄一郎関係のコレクション(?)があるよーな気もします。雄一郎と一緒に眠ったテントとか…涸沢の満天の星の下、雄一郎と熱い紅茶を分け合ったコッヘルとか…肩を寄せ合ってビバークした時のツェルトとか…「そこ、雪が吹き込むだろう、もっとこっち寄れよ」「うん」…ごそごそと身を寄せてくる雄一郎。顔が近い。外は吹雪(←天祐)
…ああ、それ、捨てられないよね…!!(むしろ転勤先に持ち歩いている可能性高し)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。