楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

神の火

島田先生と日野
島田先生と日野の大将
まよこさんの素敵な地どりレポを拝見してつい…勝手に盛り上がってすいません

高村作品を読んで、あらたに目覚めさせられたものは色々あります。
警視庁、捜査1課、旋盤…旋盤大好きです。魅惑の職人技には色気すら漂う。
衣装ならダークスーツ、白スニーカー、ポロシャツチノパン等に加えて、忘れてはならないのが作業着です。そう、職人の戦闘服、作業着。
個人的には、日本一色っぽい町工場経営者・吉田一彰さんに似合いそうな落ち着いた青系がよろしい。
日野の大将も作業着を着てましたっけ?こちらは日雇い労働系で、例の太いズボンが想像されますが、地下足袋も大将ならば、忍者的にかっこよさそうです。
そしてもうひとつ、目を引くキーワードとして、「バツイチ男」が挙げられます。
高村界の主人公たち(もしくは準主人公級の人々)はバツイチ率が大変高く、彼らのかもしだすキケンな&くたびれた色気がたまりません。男なら、いっぺんくらい結婚しとけ。
そう思わせられるくらいの魅惑のオプションと化していますね!(不謹慎)
…思えば遠くに来たもんだ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。