楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

追補編と闇の森

何を読んでも、いつも心に闇の森。

さて追補編。
3紀 3019年2月 闇の森、樹下の合戦
指輪戦争の頃の闇の森については、もう私はこの簡潔な記述をそのまま引用しておくことしかできない気がする。
「北方でも戦いが行われ、災いが起こった。スランドゥイルの王国も敵の侵入を受け、樹下に長い合戦が行われ、火による破壊がひどかった。しかし最後にはスランドゥイル王が勝利をおさめた。」(追補編)
この短さ簡潔さに、かえってその様子をありありと突きつけられたような思いがして、つい動揺しました。あれだ、古い文学や歌に時々あるように、とても短い一言でもってその出来事を言い尽くしているみたいな。…いやその、こちらの勝手で過剰な思い入れのせいでもあるんでしょうが…。その後は、森の皆さんは落ち着いて暮らしておられたとのこと、4紀にあってはたいへん貴重なことです。王様も民も、王国を、そしてなにより森の暮らしを守り抜いたのでした。エルフの時代が黄昏をむかえても、どうかなるべく長く穏やかな生活が続きますように。
そもそもこの中つ国、何がどうしてこうなった、という疑問が尽きないのでシルマリルが楽しみです。

ところで、本編でロスロリアンのご夫妻が乗っていらした白鳥船。あのアンドゥインで、白鳥ボート…。印象が強すぎて、忘れられません。やはり奥様(ガラ様)のご趣味だったりするんでしょうか。今後、池や湖で白鳥ボートを見かけるたびにきっと思い出す。(すいません)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。