楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

航跡417

モニ誌。
うわあそれに乗るのか…。この機の名にはなんとも言えぬ重みがありますね。
松氏には、一人きりの、かつてない形での戦いが待っているのでしょうか。
どう転ぶにせよ、実はグールドさんの不屈のカメラマン魂にも期待しております。また出てきてくれて、嬉しいです。
しかし巨匠の主人公たちの神経の強靭さったらありません。彼らと並べると、あの滝中佐ですら繊細な秀才系お坊ちゃん士官に見えかねないというものすごさです。角松氏と草加氏に翻弄されていた頃の滝の心労やいかばかりか(今もだけど)…でも頑張った。
俺はクラスヘッド、滝栄一郎。この日本を動かしてゆく男なのだ…!
そんな貴官がいとしいです。いや、本当はたいした人だと思いますけどね。
ヤワじゃないぜ。

さて内地組、お久しぶりです!!
で。
如月中尉はー?!!!
…誌面に出てこないほどの暗躍ぶりということですか…。(哀)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。