楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

航跡421

巨匠の展開はいつも、予想をはるかに越えてゆく…。

早12年。そして草加氏、ついに人類じゃなくなった…!って、この都市伝説を作ったのは、ひょっとしてカーネル氏じゃなかろうか。なんだか楽しそうです。クサカ変じてキューザック…。ちょっと何か別なジャンルの漫画を読んでいるような気分になりましたが、考えてみれば始まりはSFだったのでした。嵐の日にタイムスリップなんかしてたんだった。忘れてた。それに比べれば都市伝説なんてかわいいものです…。
しかし冷静な顔して「クサカは地球外生命体となり」なんて言わないでくださいクラーク氏。

――などと、ちょっと遠い目になっていたのが、最後の三ページで一気に目が覚めました。
栄一郎さん…ッ!!!!!
ついに滝総理の誕生なるか。
年をとってなお、気概のある、いいお顔をしておられます。政治の修羅場をくぐりぬけてなお、いい顔をしている…。多くのものを背負って、長い、長い航海を続けているのだなあ。総理としての国のかじ取りという、新たなる戦いを前にした滝栄一郎。後援会に入りたい気持ちでいっぱいです。全力で応援いたしたい。
でも、最後に「滝中佐」と言ってくれてありがとう角松氏。

次号、最終話。
この予告を見た時は、来るべきものが来たという感じで、思ったよりも静かに受け止めることができました。時代が飛んだあたりから、覚悟はしていた…。栄一郎さんの、希望あるお顔を見ていたら、なんだか、これでいいという気がしてきました。うん、これでいい。
ジパングは日々作っていくものなのだから、これでいいんだ。そうして航海してゆくこの国がジパングなんだ。
なんて、勝手なまとめをしながら、次号、最終回を待ちたいと思います。
最後のコマで、滝は草加氏を思い浮かべたような気がします。脳裏に浮かぶ同期の姿は、いつまでも若くて一生懸命です。時々は、心の中で語りかけていそうです。
思い出のひとこまでもいい。草加氏がもう一度出てきてくれるといいな。

滝の、必勝ダルマにも負けない濃さは健在でした。滝総理バンザイ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。