楽亭茶飲み話

更新と雑談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大人の社会科勉強

こういうご時世だけに、一般人にも気になる裁判の仕組み。
弟が、「これならお前にも少しは分かるだろう」というわけで、ある有名なオモシロ系裁判傍聴記を貸してくれ、つい読みふけりました。それで何を学べたというわけではありませんが、裁判が人生劇場であることはよく分かった。自分が法曹ではない以上、できれば遠くありたい世界ですが(原告被告になりたくないという意味で)、見られるものは見ておくべし。そのうち時間を作って大人の社会科見学でもしてみるか…
というわけで先月は、裁判所だののHPを巡ってみました。未知の世界はなかなか新鮮です。判例までネットで読めるのか。すごいな。不謹慎ですが、私のような、法など全く分からんシロートが読んでもちょっと面白いです。もちろんシロートの見どころは、こういう文言をつけて差し戻されたら下級審の裁判官もムッとするのかなあとか、いや凹むかなとか、差し戻しが多く出る人は将来に響くのかなとか、プロから見たら「ふざけんな」的ポイントです。すいません。それにしても、同じ件でも大きく解釈が分かれたりするあたり、判決を出すのってけっこう人間的な仕事なんだなァという、ごく当たり前の感想を抱きました。民事なんかは、法と判例にのっとって、誰がやっても同じだというくらい機械的にさばいていると思い込んでいました。それですむならもめないか。

さて、ここからが本題なんですが、そんな中、検察庁のHPを見たら「チャイルドページ」なる子供むけの広報ページがあったので、基本を固めておこうと、まずはそこから読んでみました。情けない大人です。
検/察庁とはなんぞやという説明から始まります:

「 検/察庁(けんさつちょう)って何?

検/察庁(けんさつちょう)っていうのはね、検/察官(けんさつかん)である検事(けんじ)と副(ふく)検事が、一生懸命(いっしょうけんめい)に働(はたら)いている場所(ばしょ)だよ。 」
(原文ママ)

いや、そういうことが聞きたかったわけじゃない…。
お役所の広報には、ときおり妙にはずした味わいがあります。うん、がんばって検事さん!!誰かの泣き寝入りを許さぬために。
…と、ここで、やはり一生懸命に働いている加納検事を思い出したので、とりあえずこれは高村カテゴリに入れとこうと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。